Incarose

少し前のオーダー作品です。

sernya インカローズ

A様にお作りしたペンダントの編み直しでした。
リメイクのご依頼は時々お声かけて頂くのですけど
sernyaにとって、これほど光栄な事はないお話なのです。

使いこまれて少々ぐったりしたヒモや
トップ部分が緩んでいたり
ヒモが擦り切れていたり

本来ならば、トップ部分が緩んじゃったのってちょっとカッコ悪い事なんですが
作りが甘かったというか。。

ただそこには
大切に使って頂いているという
お直ししてからまた使っていきたいという
作品や石に対する依頼者様のたっぷりの愛情を感じるのです。

愛してくれてありがとう!!!
の気持ちでいっぱいになるのです。

少々疲れて戻ってきた石たちを
しっかり浄化して
sernyaの気の済むまで浄化して

依頼者様のその時のエネルギーを感じながら
優しく労り慈しむ作業に入ります。

何かの節目とか
変わり目のタイミングであったりする事が多いようですね。

アトリエから旅立った後は依頼者様とのワークを始め
依頼者様のスピリットとエネルギーも同調してきて
深みを増して戻ってきた石たち。

さらに元気に依頼者様をサポートすべく
石達にまたベストを尽くしてちょうだいねと言い聞かせるエネルギーワークとなるのです。

今回はA様からは
お友達の為に助けになるような水晶のペンダントもご依頼くださいました。
ガネーシュ・ヒマール産水晶のシンプルペンダントです。

sernya ガネーシュ・ヒマール産水晶

A様
良いご縁をありがとうございます♪

日高 綾

2002年「Sernya セルニャ*」としての活動を開始。
2006年、インド・ネパールの旅の道中、ガネーシュ・ヒマール産ヒマラヤ水晶と出逢い、その力強く純粋なエネルギーに魅了され、クリスタルをトップに仕立てた作品を発表しはじめる。

ワックスコードを使用したマクラメによるセルニャのクリスタルジュエリーは、身に着けた方自身がより光輝き、自然体のそのままの自分にくつろいでいますようにと、心を込めて創りだされています。